HOME>特集>連帯保証人がいない入居者には便利な制度。

目次

大家にとっても入居者にも便利なシステム。

家賃債務保証とは、賃貸物件に住みたい人に、連帯保証人がいない場合に役に立つ制度です。身寄りのない人が家を借りる場合には、家賃債務保証会社が連帯保証人と同様の役割を果たすことになるのです。それによってもしも家賃の滞納が起きた場合には、一時的に保証会社が家賃を建て替えることになります。建て替えた分は後程入居者から取り立てることになるのです。昨今、友人や親せき、家族がいない人が増加しており、もしいたとしても連帯保証人を嫌がる人もいます。そのような社会的な弱者にとっては便利なシステムと言えます。

高齢者や外国人などにも有利

身寄りのない人ばかりではなく、高齢者になると賃貸住宅を借りることが難しくなるとはよく言われます。そのような人にも便利な制度と言えます。他にも外国人に賃貸住宅を貸すことを渋る大家もいますが、そのような人にも便利な制度と言えます。ただし物件の契約の時に家賃債務保証会社に「保証料」を払う必要があるのです。敷金や礼金以外にも保証料が掛かるのがネックになる人もいるかと思います。その為、なるべく初期費用の負担を減らすために、敷金や礼金が掛からないような物件であれば、初期費用を抑えて、家賃債務保証会社を利用することが出来るといえます。

広告募集中