サービスの仕組みとその内容を紹介

マンション

マンションやアパートを借りる時に以前は、連帯保証人が必要不可欠でした。ですが現代社会は親が高齢で連帯保証人になれない、親族との繋がりがなく、依頼できないケースが増加して誕生したのが家賃債務保証の仕組みです。そして家賃保証会社に借主が保証料を支払うことで収入を得ていますが、家賃滞納が起こった場合には家賃の立て替え払いを行います。当然後から替えたお金は借主に請求が届きますし、明け渡し訴訟に発展した時は訴訟費用は保証会社の負担となります。あと残置物の撤去費用、原状回復費用も保証されているのが特徴です。ちなみに保証料は会社により異なりますが、家賃の30%から100%、1年契約が一般的と言えます。さらに更新時にも更新保証料が発生します。連帯保証人との相違は保証は金銭のみで、生活態度に問題があっても注意するといった事はありません。

特徴と種類の説明

握手

家賃債務保証に収納代行型と代位弁済型とがあります。そして収納代行型とは、家賃の収納を代理で行う仕組みを意味します。入居者と保証会社の間で完結して、管理会社、オーナーは収納は行いません。滞納になった場合でも保証会社が家賃を払い、入居者に督促を行います。だから家賃の変更、解約時には真っ先に保証会社に連絡をする必要があります。次に代位弁済型とは収納代行型と比較して管理会社、オーナーがすることが増えます。入居者は家賃を管理会社に振り込み、滞納が起こった時には管理会社の方から家賃債務保証会社に連絡を入れなくてはいけません。報告を受けてから保証会社は滞納家賃分を立て替えて、その請求を入居者にするといった仕組みです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中